部屋全体の明るさを落としてテレビの裏に間接照明を置くことで、思った以上に部屋のムード感がアップします。また雰囲気が良くなるだけでなく、部屋の照明を消して映画などを観るときにも周りの明るさとの差がなくなり目が疲れにくくなるなどの効果もあります。

テレビ裏に設置する間接照明の器具

sf362クリップライトやデスクスタンドでも良いのですが、やはりスリムな形のものが設置しやすいでしょう。テレビ裏の壁面を照らすように設置します。画像はパナソニックのHomeArchiシリーズのものです。

電球色・温白色などの暖色系の光が効果的

落ち着いた雰囲気を演出するにはやはり暖色系の光が適しています。まずは部屋全体の照明を電球色や温白色に替えて、可能であればワット数を落として明るさを抑えるのがいいでしょう。部屋全体の明るさを落とし、間接照明で照度を補います。

上のパナソニックの製品には、高周波点灯の直管蛍光灯FHF32EX-L-H 電球色が使われています。