office-lightingオフィス・事務所に適した照明とはどのようなものでしょうか。単に明るいだけでは返って仕事の能率が落ちてしまうといった実験データなどもあるそうです。では実際にオフィスで仕事をする上で、仕事の効率が上がるような質の高い照明とはどのようなものかご紹介していきたいと思います。

働くのに最適なのはやはり照度が高く白い光

明るく白い光は、交感神経の働きを高め体を覚醒・緊張させ活動的にさせる働きがあると言われています。逆に照度が適度に低く電球のような暖かい色の光は副交感神経の働きによりメラトニンの分泌を促すなどリラックス効果があることがわかっています。なお暗く(青)白い光は、じめじめした陰鬱とした印象になり働く意欲をそいでしまうので避けたほうが良いでしょう。

ただし明る過ぎやまぶしいのは逆効果

また照度が高すぎる場合にも作業効率が落ちることがわかっています。明るすぎて目が疲れるようなケースでは、グレア光(ランプの直接光が視界に入っている状態)がないかを確認して下さい。そのような場合は直接光が目に入らないように照明のカバーやシェードを付けるなどが効果的です。また机や壁の色を暗いものにするなどの方法も考えられます。

光の色温度が高すぎては疲れてしまう

昼光色(6700K)などの青白く色温度が高い光は、交感神経を緊張させ脳の活動を高める働きがあります。しかしずっと緊張したままでは長続きせずやはり疲れてしまうものです。定期的に休憩して緊張をほぐすような事ができれば良いのですが、なかなかそうもできない事も多いのではないでしょうか。昼白色(5000K)の光がちょうど良いとされるのはそのためです。

光の演色性は高いほうが良いとされていますが

一般に照明光の演色性は高いほうが、照らされた物の色がより自然に感じるので、仕事するには適していると言われます。しかし一説には流れ作業のような単純な仕事をするときは演色性が低いほうが良いという話を聞いたこともあります。

また演色性の高い3波長タイプの蛍光ランプなどは、人が明るさを敏感に感じる色(比視感度)の高い色を多く配合しており、比較的低い照度でもより人が明るく感じるようになっています。

蛍光灯のちらつきは厳禁

古くなった蛍光灯は蛍光管を取り替えてもちらつきが出ることがあります。ちらつきのある照明では意欲を低下させるだけでなく、頭痛や気分が悪くなるなどの健康被害が起きる事もありますので、できればインバーター式のHf蛍光灯などチラつきの少ないものになるべく早く交換しましょう。またHf蛍光灯は3波長式の光なので明るさや演色性の点でも優れています。

3波長昼白色の蛍光ランプ

3波長昼白色は明るく演色性が高く、また色温度が高過ぎず、オフィスや学校での使用に最適です。